洋梨体型について

あなたの体型は?リンゴ型・洋ナシ型・バナナ型のチェック方法!

あなたは自分の体質を知っていますか?

一般的によくおすすめされているダイエット法を実践するよりも、自分の体質をよく把握した上で、その体型や体質に適したやり方でダイエットする方が、効率的にいくと言われています。

体型にもいくつか種類があります。

リンゴ型・洋ナシ型・バナナ型、複合型に分けられることが多いです。

あなたは自分がどれにあてはまるか分かりますか?

自分の体型のタイプが、どれなのかをチェックしてみましょう。

●リンゴ型の体質

リンゴ型は日本人に多く、バナナ型や洋梨型よりも多いです。

特徴としては、主にお腹や背中に脂肪がつきやすく、お腹がポッコリと出やすいです。

女性だけでなく男性にも多い体型で、内臓脂肪が高くなりやすい傾向にあります。

改善する方法としては、ご飯やパンなどの炭水化物を減らし、糖質制限することです。

また、適度に運動をして、消費エネルギーを増やすことが、ダイエットへの近道です。

●洋梨型の体質

洋梨体型は、上半身は華奢な場合が多いため、一見痩せ型のように見えます。

しかし、トップと下半身のバランスが悪く、足が太く、下半身太りして見えます。

そのため、似合うファッションも限られてしまい、細みのジーンズをはきたくても、自信がなくて諦めている人も多いでしょう。

お尻や太ももに脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多くみられる体型です。

脂質の代謝が悪いことで、下半身デブになりやすいため、脂質制限することで、ダイエットが成功します。

また、下半身が引き締まるようなストレッチや筋トレをすると、効果的な運動となるでしょう。

●バナナ型の体質

バナナ型は、リンゴ型や洋梨型タイプよりも細く見え、もともと痩せている人や、太りにくい体質の人に多くみられます。

消費エネルギーが高いのも特徴です。

もともと細みなので、筋肉がつきにくく、メリハリがないように見えます。

太りにくいのはラッキーですが、一度太ってしまうと、元に戻すのが厄介な体型でもあります。

高タンパク質の食事をとるようにし、運動は筋肉トレーニングを中心に行うといいです。

●複合型

一般的には、リンゴ型、洋梨型、バナナ型のうちどれかにあてはまっていますが、人によっては、これら3つの中で、複数の要素が組み合わさっている「複合型」の人も存在します。

どういうことかというと、例えば、ぽっちゃりしているのだけれどお腹は出ておらず、洋梨型+バナナ型といった感じです。

例えば、以下のチェックリストにあてはまっている人は、複合型である可能性があります。

・お腹は引き締まっていてフラット
・脂肪率が高い
・お尻や足は引き締まっていて細い
・筋肉がある

この条件は、りんご、洋梨、バナナのどれにもあてはまるような条件が含まれているため、明確にコレ!と言える体型の種類がありません。

どの体型の特徴も、少しずつかじっているため複合型と言えます。

タイプのチェック方法

自分がどの体型にあてはまるかチェックする方法は、主に2つです。

・セルフチェック

アンケートの回答していき、自分の体型の傾向をつかみます。

・肥満遺伝子検査キット

正確性と使いやすさで、最近人気が出ています。

日本国内でも、さまざまな肥満遺伝子検査キットが出ています。

人気の商品の中には、

・DHC
・ジーンライフダイエット
・フィンク

などがあります。

自分の体型のタイプを知ることこそが、ダイエットの近道と言えます。