マジカルシェリーについて

マジカルシェリーはトイレが面倒?!本音を暴露しちゃいます!

マジカルシェリーとトイレ

マジカルシェリーはトイレのとき、少し時間がかかります。

でも「めんどうだ!」と思うほどではありません。

2、3回も履いていれば、着脱にも慣れてトイレも問題なくいけます。

マジカルシェリーの構造を見た人は、「かなり効きそう!」と思うと同時に

「トイレの時、面倒なんじゃない?!」と思ちゃいますよね。

トイレの時に、マジカルシェリーを履いてるとが大変なのか、面倒なのか。

マジカルシェリーの「トイレ問題」について、本音を暴露しちゃいますね。

>>先にマジカルシェリーの詳細を確認するのならこちら

 

トイレの時って時間がかかる?面倒?

実際に履いた率直なトイレの感想

トイレでマジカルシェリーを脱ぐのが面倒かと心配でしたが、思っていたよりも大丈夫でした。

マジカルシェリーを履くと、トイレの時に面倒なんじゃないかと心配になりますよね?

特に働いている人や学校に行っている人は「トイレの時に時間がかかったら嫌だな」と思っちゃいます。

私自身もマジカルシェリーを履き始める前は、トイレのことが心配でした。

でも、実際に履き始めたら大丈夫でしたよ。

確かに、普通の下着に比べたら、マジカルシェリーの方が時間がかかります。

「面倒か面倒じゃないか?」と聞かれたら「どっちかといえば面倒かも」と答えると思います。

でも「面倒!」とイライラするほど大変じゃありませんし、時間もかかりません。

他の骨盤ベルトよりは楽

私は以前、他の骨盤ベルトも試したことがあります。

よくある太いベルトタイプの骨盤ベルトです。

はっきりいって、ベルトタイプのほうが面倒でした。

マジカルシェリーは、構造が特殊ですから、一見すごく複雑で面倒そうに見えます。

でも、マジカルシェリーは全部がつながっていますよね。

自分で巻く位置を覚えなければならない骨盤ベルトよりも、実はずっと楽なんです。

私なんて何度か手が滑って、骨盤ベルトをトイレの床に落としたことがあります。

マジカルシェリーは、落としたりする心配がないので、気が楽です。

トイレで慌てていると、どうしても焦っちゃいますもんね。

履き方をチェック

マジカルシェリーの履き方は、三段階に分けられます。

まず、ロングガードルのようなショーツ部分を引き上げます。

次に、お腹のサポート部分を引き上げます。

最後にヒップを持ち上げながら骨盤ベルトを締めます。

強いて言えば、「お腹のサポート部分」「骨盤ベルト」この2つに余分な時間がかかります。

でも、公式サイトで紹介されている動画を見ればわかりますが、時間にすればほんの数秒です。

実際の動画を確認してください。

確かに履いていないときよりは時間が必要です。

でも「キレイな体型を作るため!」と思えば苦労のうちに入りません。

トイレの口コミをチェック!

マジカルシェリーがきついと脱ぐのも大変です。

きついと感じると、実はマジカルシェリーの効果も半減するんですよ。

詳しくは【マジカルシェリーはきついとダメ!】を読んでくださいね。

確かに普通の下着に比べると、面倒ではあります。

でも、慣れてしまえば大丈夫ですよ。

トイレが不安だったら、まずは家の中だけ履くのもありですよね。

家で慣れてきたら、外でも安心してマジカルシェリーを履けると思いますよ。

なお、マジカルシェリーの他の口コミは【マジカルシェリーの口コミでの「痩せない」を実際に履いて検証中!】でまとめてあります。

トイレの時間を短縮!この服装がオススメ!

トイレでの時間をできるだけ短くしたいというのであれば、マジカルシェリーの上に履く「ボトムス」を工夫しましょう。

ワンピやジャンパースカートが楽ちん

個人的には、ワンピースやジャンパースカートだと楽でした。

お腹のサポート部分を引き上げたり、骨盤ベルトのホックをしたりするのに最適の服装です。

マジカルシェリーを履いていてもストレスがありません。

パンツも慣れれば、そこまで面倒ではありませんでしたよ。

意外にも普通のスカートはダメだった

一番面倒と感じた服装は、普通のスカートでした。

普段は、スカートのほうがパンツよりもトイレが楽ですよね?

でも、マジカルシェリーを履いている時には逆だったんです。

お腹のサポート部分と骨盤ベルトのために、スカートのウエストのファスナーを下げないとダメだからです。

細い人は、スカートのファスナーを開ける必要はないかもしれません。

でも私は、スカートのウエスト部分がピチピチなので、ファスナーを開けないとお腹のサポート部分が引き上げられないのです。

スカートのときに、トイレで面倒と感じたことがないので、意外でした。

>>マジカルシェリーの詳細を確認するのならこちら